鋼管事業ユニット クボタ鋼管杭Kubota
ゆたかな未来環境をつくります。
鋼管杭鋼管矢板用途製品施工と工法お問い合わせ資料請求
鋼管杭 製造工程

(JIS A 5525 鋼管ぐい)

近年わが国の産業の高度化と技術の進歩発達により、世界でも最大級規模の建造物が企画、建設されています。また、軟弱地盤、臨海地帯での大規模な建設工事や海洋土木工事の増加にともない、耐震構造の重要性がこれまで以上に問われる現在、基礎杭にも大きな耐力や施工性、信頼性が必要とされるようになりました。そうした要求にお応えするのがクボタ鋼管杭です。鋼管杭は、強度、耐震性に優れており、信頼度の高い基礎の構築ができ、基礎杭から土留壁まで多方面に利用されています。

施工と工法
ガンテツパイル工法ラクニカンジョイントONS工法差し込み式鋼管ポールPBS工法SGE工法
用途
  • 土木(橋梁)基礎
  • 建築基礎
  • 港湾構造
  • 河川構造
  • 土留壁
  • その他
対応製品
  • ガンテツパイル
  • ラクニカン
  • ONS工法
  • SGE工法(鋼管杭プレボーイング拡大根固め工法)
  • K-FC/K-FC II
  • 重防食鋼管杭
  • 鋼管ポール
  • SKTB杭
特長

大きな支持力

鋼管杭は、材料強度が大きく、強大な打撃力により、堅固な支持層まで確実に到達させることができ、大きな支持力が得られます。

大きな水平抵抗力

鋼管杭は、大きな耐力、曲げ抵抗により、地震時に大きな水平抵抗力を発揮します。

長尺施工が可能

鋼管杭は、開端杭のため打込みが用意であり、長尺施工に適しています。

合理的な設計が可能

鋼管杭は、幅広い範囲の外径、厚さ、長さを選定できるため、設計荷重に見合った合理的な設計が可能です。

上部工との結合が容易

鋼管杭は、杭頭部に鉄筋を配置することにより、上部のコンクリートと容易に結合することができます。

運搬、取扱いが容易

鋼管杭は、コンクリート杭に比べて軽量で、材料強度が大きく、運搬、取扱いが容易に行えます。

優れた経済性

鋼管杭は、以上のような多くの特性を活かすことにより、工期の短縮や工費の節減が図れ、経済的に優れています。

ページトップへ