鋼管事業ユニット クボタ鋼管杭Kubota
ゆたかな未来環境をつくります。
鋼管杭鋼管矢板用途製品施工と工法お問い合わせ資料請求
基礎杭工事の能率向上を実現するラクニカンジョイント
主要用途
  • 土木(橋梁)基礎    港湾構造    河川構造    土留壁
特長

全強の現場継手

天候や施工者の技量に左右されず全強接合ができます。(ラクニカン付き鋼管は継手のない鋼管と同等以上の耐力・変形性能を有する)
→現場接合の高品質化に貢献

大径・厚肉でも簡単接合

鋼管サイズに関わらず短時間施工ができます。
→工期短縮に貢献

接合作業が簡単

継手を挿入してセットボルトを締め込むだけです。特別な技量や資格は必要ありません。水中接合の実績もあります。
→簡易な作業で接合可能

施工管理が簡単

セットボルトの締め込み深さを深さゲージで確認するだけです。接合確認や施工管理に特別な検査機器などは不要です。
→接合箇所の全数検査

構造

構造概念図ラクニカンジョイントは、「ピン継手」「ボックス継手」「荷重伝達キー」「セットボルト」で構成されています。ボックス継手は、その内面円周溝に、荷重伝達キーと称する円弧状の板が複数個(円周方向に分割)格納されており、セットボルトの回転によって進退する構造となっております。ピン継手は、ボックス継手の溝と相対する位置に、外面円周溝が切削された構造です。
上側鋼管に工場円周溶接されたピン継手に挿入した後、セットボルトを回転させることでボックス継手に格納していた荷重伝達キーをピン継手の溝に入り込ませ、継手部材を一体化して鋼管の接合を完了します。このあと、セットボルトの締め込み深さを確認することで、ラクニカン接合の全数検査が容易に行えます。
また、継手部材外面に「回転抑止キー」を配置することで、施工時の回転トルクを伝達できます。なお、振動・打撃工法に適用する場合は、セットボルトのゆるみ防止対策を施します。

施工手順
ラクニカンジョイントの施工手順
施工手順

ページトップへ