鋼管事業ユニット クボタ鋼管杭Kubota
ゆたかな未来環境をつくります。
鋼管杭鋼管矢板用途対応製品施工と工法お問い合わせ資料請求
鋼管矢板 

(JIS A 5530 鋼管矢板)

鋼管矢板は、鋼管に継手を溶接した製品として、土留め壁、河川・港湾の護岸壁として広く普及しています。特に、鋼管矢板を円形や小判または矩形の井筒型とした鋼管矢板基礎は、基礎杭と仮締切り壁とを兼ね備えた、合理的かつ経済的な設計・施工が可能となります。また、大きな断面性能を有していることから、コンパクトな基礎形状を実現し、河川流の阻害抑制にもつながります。

用途
  • 土木(橋梁)基礎
  • 港湾構造
  • 河川構造
  • その他
対応製品
  • 重防食鋼管杭
特長

鋼矢板に比較して大きい水平抵抗

鋼管矢板は、鋼矢板に比べ、水平抵抗が大きいので、大型壁体やタイロッドをつけない自立壁も容易に構築できます。

壁体と基礎杭との兼用が可能

鋼管矢板は、水平力だけでなく大きな鉛直加重にも耐えられ、矢板壁と基礎杭とを兼ねて使用することができます。

任意の形状にできる矢板法線

鋼管矢板は、継手材の取付位置を変えることにより、曲線、直線など自由な壁体を造りあげることができます。

用途に応じた継手形状

鋼管矢板継手形状には P-P型、L-T型、P-T型の各タイプのものが開発され、護岸構造物、橋梁基礎、締切り壁、土留壁など、用途に応じた適切な継手構造が選べます。特にP-P型は止水処理によって、高い水密性を得ることもできます。

以上のほかに、鋼管杭の優れた特長をそのまま備えています。

用途

護岸、岸壁その他

波除堤、締切堤、止水壁、仮締切壁、土留壁、パイプルーフなど

鋼管矢板基礎

橋脚基礎、橋台基礎、溶鉱炉基礎、クレーン基礎など

鋼管矢板基礎の種類

鋼管矢板基礎は、構造形式、施工方法、断面形状により、下記のように大別されます。

構造形式による分類と施工方法による分類
断面形状による分類
形状と寸法

継手形状には、図のような3タイプがあります。用途、使用目的に応じて選定してください。

P-P型とP-T型
L-T型
ページトップへ